海が好きな人の便秘

現金化につきものの還元率を考えてみること

2016年5月22日(日曜日) テーマ:現金化

クレジットカードの現金化には、還元率というものが付いてきます。 

自分で商品を売るのであれば、換金率という言葉に置き換えることもできるでしょう。

現金化にとって重要な要素ですが、意外と簡単に考えている人もいます。

ですが、現金化として利用をする以上、非常に重要なのです。

 

還元率は現金が返ってくる割合ですので70%であれば、キャッシュバック付きの10万円の商品購入で7万円が戻ってくると考えることができるでしょう。

90%なら9万円ですので、わずかな差が大きな影響を与えます。

 

ところが、5万円の商品で考えると、この差が15千と小さく見えてきてしまうのです。

これが危険で、気にならなくなってしまうことも出てきてしまいます。

初回取引で少額でなければ取引きできないと提案されるのも、こうした安心感を植え付ける意味もあったりするのです。

 

この還元率は何なのかといえば、現金化を行っている会社の利益と経費です。

人件費も含まれていますし、カード会社に支払う手数料も入っています。

クレジットカード会社には手数料を支払うことにより、利用ができるような契約を交わしているのです。

割合は取引金額の量や企業規模によりますが、1%~5%は支払うことになります。

規模から考えても、5%は取られると考えなければいけませんので、95%の還元率を提示したりするのはありえないことがわかるでしょう。

 

こうした業者は悪質ですので、取引きはしないようにしていくことが大切です。

参考サイト:http://www.gk-now.com/